読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナックラーの大学編入体験記

高専からの大学編入について主に書いています

~受験までの流れ~

こんにちは。ナックラーです。

今回は受験まで勉強について書きたいと思います

 

 4年夏

運動部に所属していたのでほとんど勉強していなかったため慌ててはじめました

とりあえず数学の問題集を1周して今までの内容を復習しました

物理や化学はやる気がなかったので放置して英語はTOEICがあったのでそれの対策をしていました。

正直全然勉強していなくて危機感も特になくグータラ過ごしてた感じです

1日4時間ほどしてましたが週に2日ぐらいは0の日もありました

 

 4年秋・冬

学校が始まって意識高い人がたくさんいてすでに編入試験勉強を頑張っている人を見て少し焦った記憶があります。そこで勉強しないといけないなと思ったけど化学は何をすればいいか分からなかったので先生に聞いて参考書をもらいました

ただ、基本的にはテストの勉強をしていました

1日2~3時間

 

 4年春休み

物理を全くしていなかったのでここで頑張りました。化学はここで高校範囲の演習まで終わらして大学の範囲に入りました。

でも、お金がほしかったのでバイトもやっていてずっと勉強してたわけではないです。

今思えばメリハリがついてよかったかなと

1日5時間

 

 4月・5月

五年生なって授業数が減ったので勉強に集中できました。

英語に特に力を入れて英単語や熟語、英作文・長文をしました

このころから就職組が決まり始めるのでどんどん周りの空気が受験一色になっていきました。

募集要項が出てくるのでそれをみて合格後のキャンパスライフを想像してテンションあげてました笑

1日7時間

 

 6月・7月

とりあえず過去問を解いて傾向をみて分からないとこを復習してました

数学は量をこなすことが大事だと思ったのでずっとやっていました

生活リズムが崩れていたので本番を意識して休日は早寝早起きをして朝に体が100%になるように訓練しました

1日8~9時間

 

 8月

受験間近だったので合格体験記を見てモチベーションを高めたり面接の対策をして

あとはわからないところをずっとやってました。

大学が決まっている人のほうが多かったので結構つらかったです。

1日10時間

 

以上で終わりですがあくまで一個人のやり方なので

一人ひとりにあったスタイルがあるので早く見つけることが重要です。